筆圧が弱い人向けのSurfaceペン設定

Surfaceペンは、ペン先が少し柔らかい素材になっていて、書くときに音がしないのは良いのですが、”造りの悪いボールペン”のように、ペン先が画面に触れてから印字されるまでに”わずかな遊び”があって、初期設定のままでは非常に使いづらいです。

そのため、もし、これまでApple Pencilを使っていた人がSurfaceペンに切り替えた場合、「書きづらいなこれ・・・」と思うことでしょう。

そこで、「できるだけやさしいタッチで書けるようにしたい」という”筆圧弱めの方”向けに、オススメの設定方法を書いてみました。

私自身の筆圧が弱いので、同じような悩み(?)を持つ方の参考になれば幸いです。

[alert title=”お断り”]

私はSurfaceペンをメモ程度でしか使わないので、お絵描き向きの設定ではない可能性があることは先にお断りしておきます。

[/alert]

目次

設定方法

Surfaceペンの感触をApple Pencilに近づける方法を紹介します。

Surfaceアプリを実行

▲「スタートボタン(もしくはWindowsキー)」を押したのち、「surface」と入力。「Surface」アプリが表示されるので、これを起動します。

surfaceアプリトップ画面

▲左のメニューから「ペンマークのアイコン」を選択します。

Surfaceペンの筆圧設定

▲ペンの設定画面が開いたら、「スライダーをドラッグして筆圧を変更する」設定にあるスライダーを一番右までドラッグします。

筆圧弱い人向けの設定

スライダーを一番右にすると、筆圧が低めの方でもほぼ確実に印字が可能になります。これで設定完了です。

おわりに

vs-pen-ending

設定はとても簡単だったと思います。

ここでは筆圧の弱い方向けの設定方法をご紹介しましたが、逆に筆圧の強い方がいらっしゃれば、ペンの筆圧設定でスライダーを左側(軽い)にスライドすれば良いということになります。

設定を何度か変えてみて、自分に合った値を見つけていただければ幸いです。

記事良かったらシェアしてください!

コメント

コメントする

目次
閉じる