Surface Goの性能でできること【プライベート編】

先日、Surface Goが仕事でどれぐらい使えるのかという記事を書いたので、今回は”プライベート編”について書きたいと思います。

仕事では”受け身のアクション”は少ないですが、プライベートだと”受け身のアクション”が増えます。

仕事とは使用するソフト(アプリ)も違う中で、Surface Go はどれほど活用できるのでしょうか。

※ここでは、メモリ8GB/128GBモデルをベースに書いています。

目次

WEBサイト・動画視聴

WEB閲覧

仕事でもプライベートでも、WEBの存在は欠かせません。

ただ、プライベート用途になると、“動画視聴”という楽しみが増えます。

一般的なところでYoutubeAbemaTVAmazonプライム・ビデオニコニコ動画あたりを見ている方も多いかと思います。

ここでは例としてYoutubeを挙げますが、通信回線さえしっかりとしていれば、動画は問題なく視聴できます。

ただ、やはりそれなりの負荷がかかるようで、他の作業も一緒にやる場合は動作が遅くなることもあるので、少しストレスを感じることもあります。

読書(電子書籍)

Kindle画面

私は本を読むことが好きなので、Kindleの普及とともに、今ではほとんど電子書籍で読むようになりました。

KindleにはWindows版アプリが提供されているので、Surface Goにインストールして電子書籍を読むことができます。

で、肝心の使い心地ですが、テキストメインの本であればわりと快適に使えます。

ただ、画像として埋め込まれている本(例えば雑誌など)は、けっこうストレスがたまります。

次ページ(もしくは前ページ)ボタンを押してから一呼吸おいてページが切り替わるので、たまり「切り替わらんな」と思ってもう一回ボタンを押し、結果、2ページ先までページが進んでイラッとすることも・・・。

電子書籍に関しては、「快適とは言い切れないけど、まぁ読めるかな」ぐらいの感じです。

ブログ

WordPressでブログ執筆

このブログは、(一部の画像編集を除いて)Surface Goで書いています。

そして、ブログのシステムにはWordPressを使っていて、WEBブラウザで直接WordPressのページからブログ記事を書いています。

色々とエディターを試したりはしてみたものの、残念ながら、WindowsにはWordPressと相性の良いエディタがなかったので、直接書くようにしています。(Macだと良いエディタがあるんですけどね・・・)

ちなみにオフラインで記事を書くときは、Wordに書いています。

画像編集

Lightroom画面

私は写真を撮ることが趣味で、よく画像編集をPCで行っています。

これまで使っていたMacで、Adobeの「Lightroom Classic CC」を愛用していたので、試しにSurface Goでも動かしてみたのですが、RAW画像を扱う時の動作が遅くて、使うことをあきらめました。

今は、純正ソフトの「Microsoftフォト」「IrfanView」を使用しています。ただ、これらのソフトでも、1枚10MBを超えるような高解像度画像を扱うと動作が極端に重くなり、とてもストレスを感じます。(軽いファイルなら普通に使えます)

画像編集は、あくまで他のPCをメインとして、Surface Goは緊急時用と割り切ったほうが良いでしょう。

動画編集

powerdirect画面

子供の行事などで撮影した動画を編集することがあるのですが・・・これに関してはSurface Goは論外ですね。とても使い物になりません。

まぁ、そもそもそういう用途で使うPCではないので当たり前です。

まとめ

全体を整理すると、テキスト(文字)だけを取り扱う場合はSurface Goで十分。画像・映像に関しては心もとない(or 全く使えない)といったところです。

ただ、Surface Go自体はそもそもモバイルを主眼とした製品であって、重い処理をすることは想定されていないので、買った人間からすれば想定内の範囲です。(Surface Goを持っている人は、別のメインPCを持っている場合が多いでしょうし)

ここで挙げたような性能を理解したうえで付き合うのであれば、Surface Goは最高のモバイルPCとしてオススメできます。

マイクロソフト Surface Go (128GB/8GB) MCZ-00014

マイクロソフト Surface Go (128GB/8GB) MCZ-00014

79,800円(10/21 15:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
記事良かったらシェアしてください!

コメント

コメントする

目次
閉じる