Microsoftモバイルマウスは持ち運びに最適【レビュー】

Surface Go本体、純正キーボード、純正ペンときて、あと入力用デバイスとして必要なのが・・・マウス!!

「ここまできたらSurfaceシリーズで統一してやる!」ということで早速、Microsoft純正の「Surfaceモバイルマウス」を購入したのでレビューします。

目次

開封レビュー

Surfaceモバイルマウスのパッケージ

▲パッケージの写真です。

いずれは英字配列のバーガンディ色キーボードを購入し、バーガンディ一色で統一したいので、バーガンディ色を選択。

Surfaceモバイルマウスのパッケージ裏面

▲パッケージ裏面。

パッケージを開けた写真

▲フタを開けるとマウスが現れるという、いたってシンプルな中身。

Surfaceモバイルマウスのパッケージ中身

▲中には、マウス本体と取扱説明書だけが入っていました。

Surface モバイルマウス本体

マウスの機能はシンプル

▲マウスの機能は、左クリック・右クリック・ホイールのみです。

左右対称なので、右利き・左利きどちらでも使用することができます。

マウスの裏面

▲マウス裏面。絶縁シートがついているので、これを引き抜いて、Bluetoothボタンを押せば利用可能となります。(青い光が出ます)

裏面のフタを開けると乾電池

▲弱めの磁石で付いているフタを開けると、中に乾電池(単4電池×2)が入っています。

なお、マウスの重さは78g(単4電池2本込みでの実測値)でした。

重さ

モバイルマウスの重さ

▲電池込みで78gでした。とても軽量ですね。

他マウスとの比較

私が普段、モバイル用マウスとして使用していたLogicool製の「M171」と比較してみました。

Logicool M171との比較(上から)

▲Surfaceマウスの方が縦は長いです。

Logicool M171との比較(横から)

▲薄さに関しては、Surfaceマウスに軍配。この薄さがモバイル性を向上させていますが、”握りやすさ”という観点だとM171の方が良いですね。

音に関しては、Surfaceマウスの方が静音(無音ではない)です。出先で他の人の迷惑にならないのは良いですね。

なお、参考までに重さを比較したところ、M171の方が6g軽かったです。(もはや誤差のレベルですが・・・)

使ってみた感想

完璧なモバイル環境がそろった

”薄くて軽い”のは非常に良いのですが、左クリック・右クリック・ホイール以外のボタンがないので、利便性は高くありません。(せめてブラウザの戻るボタンぐらいは欲しかった気も・・・)

Surfaceマウスはあくまで出先用で、家では別のマウスを使うと割り切った方が幸せになれそうです。

ただ、マウスの電源をONにするだけで、直接Suface GoとBluetoothで接続できるというのは非常に便利です。(他の製品のようなUSBレシーバーが不要)

Surfaceマウスによってさらにモバイル性が増したので、日々の外出・出張が捗りそうです。

マイクロソフト Surface モバイル マウス ポピーレッド KGY-00057

マイクロソフト Surface モバイル マウス ポピーレッド KGY-00057

3,598円(10/21 17:52時点)
Amazonの情報を掲載しています
記事良かったらシェアしてください!

コメント

コメントする

目次
閉じる